邦楽プロジェクトユニット

PROFILE

 

【和太鼓奏者/ 笛木 良彦 Yoshihiko Fueki】

「あらまほ」主宰

幼少の頃より和楽器に慣れ親しみ、2001年和太鼓邦楽演奏集団「打歓人(だかんと)」の旗揚げに参加。プロ和太鼓奏者としての活動を始める。2006年、同団体を離れ本格的にソロ活動をスタートし、Angkor-Gyeongju World Culture Expo 2006(カンボジア)にてソロステージを務める。

2011年より和楽器で構成された音楽集団 邦楽プロジェクトユニット「あらまほ」を主宰。
自身が演出、出演の「伝統と創造ツアー」を2014年から各地にて開催。和楽器演奏と国の伝統的工芸品 有松絞りを舞台美術に取り入れ話題となる。
和太鼓奏者として「和太鼓スーパーユニット侍(さぶらい)」「遊打@SOUL(ゆうだっとそうる)」など多くの邦楽ユニットに参加。またプリンセス天功、五木ひろし、谷村新司、武田双雲など、様々な分野のミュージシャンやエンターテイナーとのコラボレーションも成功させる。
一方海外ではアメリカ、カナダ、韓国、インド、カンボジア等での公演を成功させ、2015年イタリア、トリノにて名古屋市代表アーティストとして公演を行う。
指導者としては名古屋おもてなし武将隊の和太鼓指導、アメリカジョージタウン大学に特別講師として招聘され指導を行うなど、各地でワークショップを行い、世界中に和太鼓の魅力を伝えている。
刈谷市総合文化センターのレジデンスアーティストに任命され、地域と共に音楽、舞台芸術を広める活動をしている。
伝統的な和太鼓の奏法に留まらず、シンバル、各種パーカッションを取り入れ、他にはない演奏スタイルを確立している。

supported by
中村太鼓店 有限会社浅野木工所 Amedia cymbals(株式会社TMC)

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © あらまほ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.